ZEEBOON
スペーサー
ZEEBOONの夢を 紹介します。
いい夢冒険から、楽しい仕事へ、幸せな人生に。
次はあなたの夢冒険が始まる
世界の方々に夢冒険を楽しんでもらいキラキラした時間を過ごして頂きたい。そんなことをビジネスを通して提供していければと考えています。

HOME 〉 ZEEBOONの夢戦略


スペーサー スペーサー
一緒にビジネスをすると夢冒険したくなる
これがZEEBOONの最も大きな特徴です。
スペーサー
夢を追いかけている人ってキラキラ輝いて素敵だと思いませんか。そんな人を見ていると、こちらも幸せな気持ちになりますし応援したくもなりますよね。しかし、大人になるにつれ、生きていくことの厳しさから子供の頃に抱いていた夢は忘れさられ、ハツカネズミのように同じところをぐるぐる回る日々を過ごしていませんか。世界から見た日本ってこんな感じに映るのではないでしょうか。夢がない日々を続けていたら、次第に活動範囲や思考も狭くなり成長できなくなってしまいます。
私たちのビジネスは、夢を叶えるチャンスを増やし、いくら年をとっても夢を追いかけられる環境を作り、そして沢山の人が生涯、夢冒険を楽しめる文化を創造することです。沢山の夢冒険がキラキラした作品を作り、その相乗効果でさらにキラキラ輝く。こんな価値を世界に提供していきます。





スペーサー スペーサー
なんやかんや言っても世の中、競争社会です。
スペーサー
結局、人間は競い合いが好きな種族なのですね。武力、経済、勉学、スポーツ、etc 事柄が変わっても、常に競い合っています。そして勝者が有利な権利を得る。今も昔も結局は、豊かに過ごす為には強さが必要だと言えます。武力から経済へその強さは移行してきました。
日本も有利な時代は本当に終わりました。ステップアップしなければ現状の生活を担保することは難しくなります。その証拠に大企業の倒産、給料の下落、失業率のUPなど顕著にリスクシグナルがピカピカ光ってます。国に頼るわけにもいきません。なんせ、財政難は承知の事実。そろそろというか直ぐに、自分自身が本気で戦わないと危ないことになります。





スペーサー スペーサー
競争に勝ったあとから、楽しさはやってきます。
スペーサー
みなさんは心の中で理解してると思うので言う必要はありませんが、日本人が有利なのも良い大学に入って質の高い学習ができるのも、有利な企業に就職して面白い仕事ができるのも全て競争に勝つことが最初に来ます。その後にご褒美として楽しさを得る構図です。
努力して勝つ、そしてハッピー。シンプルですが、この原理原則に基づいた流れは今のところ不動のように思えます。





スペーサー スペーサー
ここで質問です。夢を持っている人と
持ってない人、どちらが強いと思います?
そして幸せだと思います?
スペーサー
夢のある人とは、「自分が何のために存在するのか」という問いから出てくる理想、生き方、信念、などを持っている人だと思います。そこに生き方のブレがありません。だから、とても強くなりますし、強く見えます。例えば、よく例えられるイチロー選手。「ファンを喜ばせるためにプレーしているんだ。だから期待を裏切れない」「人と違うことをやるのが僕の基本です」と言って努力し結果を出す。夢冒険をしている人は中心軸を持っている人のことなのです。こういうタイプは、結果が出なくても一所懸命やった努力が心の中で思い出としてキラキラ輝き、次のモチベーションに繋がってしまう。だから、長期的に見ると結局は成功してしまうんですね。そして、プロセスも楽しくなっちゃうようです。





スペーサー スペーサー
どうすれば、夢を叶えることができる?
スペーサー
難しく考える必要はありません。より多くの人に応援してもらえればいいだけ。つまり、多くの人に「好きになってもらうこと」シンプルに言えばこれだけと思うのです。これが、夢を叶えるための原理原則だと考えています。実は、この考え、わたしたち、ZEEBOONの理念でもあるのです。





スペーサー スペーサー
ZEEBOONは、夢冒険のベストパートナー
スペーサー
ZEEBOON誕生のルーツは・・・
テーマは、 「夢」と「ビジネス」の融合でした。
創業者自身が自分の夢をどうやって叶えるのか試行錯誤して生まれたテーマが、 「夢」と「ビジネス」の融合です。人生の活動時間で一番長く使うのがビジネスタイム。人生の中で一番心地よくて輝いてるのが夢に向かっているとき。この2つを融合できれば楽しい一生が過ごせると単純に考えたのです。多くの仲間にも同じ時間を過ごしてもらいたい!こんなキラキラした想いからZEEBOONは生まれました。事業を通して、沢山の夢冒険をプロデュースしたい!
1人じゃできない事でも、多くの仲間が集まれば奇跡が生まれます。そんな夢作品って、ゾクゾク、ワクワクしませんか。


スペーサー スペーサー
目指すは、
世界1位の夢冒険サポート企業です。
スペーサー
少し大きくでましたが、これが私たちZEEBOONの夢、ゴールです。私たちの成りたい姿です。この夢を達成するために、全ての方針が定められ実施されていきます。つまり、1人1人の夢冒険を如何にお手伝いし充実したものにするか。その1点が夢を叶える勝負どころと押さえてます。魔法のようなサポートサビースを構築し、いい意味でお客様の期待を裏切れる価値のご提供を継続して行ってまいります。





スペーサー スペーサー
それには、多くの方に
ZEEBOONを好きになってもらう必要が・・・
スペーサー
「好きになってもらうこと」、これがZEEBOONの企業理念です。
シンプルイズベストです。好きになってもらえれば良い信頼を築くことができます。信頼さえ結べれば、ビジネス効率は飛躍的に高まり成功速度が何倍にも増します。そして、プロセスも楽しい。
実はいいことづくめなんです。
しかし、簡単には心を許してもらえないのは至極当たり前。
だから、本気でお客様の夢冒険を支援していくのです。




スペーサー スペーサー
世界の心に夢冒険という栄養を届け続ける
スペーサー
これが私たちが社会へ提供する貢献です。つまり企業使命であり存在価値です。人は心と体で出来ています。この心と体を維持していくには、栄養というエネルギー源が必要です。体力は栄養のあるものを食べ運動をすれば身につきますが、心にエネルギーを満たすのはそう簡単ではありません。この心に夢冒険という栄養を提供するオンリーワン企業として、世界の方々に夢冒険を楽しんでもらいキラキラした時間を過ごして頂きたい。そんなことをビジネスを通して提供していければと考えています。さらに、この使命を3つのミッションに細分化し、実行してまいります。





ミッションを クリアする3つの戦略




1

JAPAN DREAMの
復活をリアル化


自分ができていないことは、他人は絶対に認めません。まず、日本が夢冒険を楽しむ国になってキラキラ輝く必要があります。しかし、残念ながら、世界から夢のない国の烙印を押されてもおかしくないほど、元気がないのが現状です。それはそのはず日本にはマトモな夢教育が存在しませんでした。それに、当然ながら夢を応援しあう文化も
ありません。そこで、夢を定義し基準をつくり、夢冒険を楽しむ戦士を排出し、応援しあえる環境を築く必要があります。これがJAPAN DREAM MISSIONです。このミッションで夢と共に働く労働社会の構築、夢を応援しあえるコミュニティの創造などの活動を通しJAPAN DREAMの復活をリアル化していきます。


スペーサー


5

実戦的且つ冒険心をくすぐるITソリューションの提供

なんと言っても日本企業の復活は大切なテーマです。企業が元気にならないと社員の給料も上げれませんし、ビジネス時間の有意義な活用もできない。ましてや、夢に輝く製品づくりにも限界が生じます。そこで、実戦的且つ冒険心をくすぐるITソリューションの提供で企業の栄養ドリンク的な存在になり夢冒険をサポートできればと考えています。

スペーサー


3

最強の海外進出
ソリューションで、
世界に夢冒険ごころを
くすぐる流通を作る


日本には沢山良い製品があります。日本の良い製品をもっと世界へ示しブランド化を進めていかなければなりません。経済は世界戦に突入しています。統一した日本ブランドを定義する必要に迫られているのです。しかし、驚くことにMADE IN JAPAN を認定する機関が日本には存在しませんでした。これでは、誰でもMADE IN JAPAN を勝手気ままに使えてしまいます。つまり、ブランド価値は、どんどん下がっていき、世界から信用を失うリスクがあります。MADE IN JAPAN MISSION
は、 MADE IN JAPAN 認定の基準を始め、実戦海外販売までカバーできるソリューションです。また、近い未来においてアジア全域で流通ネットワークの構築を目指しています。このネットワークを活用し、
世界の心に夢冒険という栄養も届けたいと考えています。

この3つを達成できれば、まずはゴールイン。そして、そのあとは・・・ 
スペーサー
 

再び、新しい夢冒険が始まる!

 

次はあなたの夢冒険が始まる
中途採用 スペーサー facebook スペーサー SSL グローバルサインのサイトシール
SSLとは?
ジー・ブーン(株)は、個人情報の外部への漏洩を未然に防ぐためサイトの一部にSSL対応によるセキュリティ保証を実施いたしております。
スペーサー プライバシーマーク
ジー・ブーン(株)は、プライバシーマーク取得企業です。プライバシーマークは、個人情報の最適な保護のために体勢を整備している事業者に認定されます。